血行を促進する

ノンシリコン配合の育毛シャンプーとは

薬局や量販店で販売されているシャンプーにはシリコンが混入されているものが多いです。
このシリコンというのは、シャンプーすることによって髪の毛の表面にシリコンを付着させることによって、髪の毛が滑らかでサラサラになるようにと配合されているものが多いのです。
髪の毛というのは、新陳代謝を行わないために、シリコン剤や油で傷んだ部分を補う事しかできません。

その為、傷んだ髪の毛を補修するという意味で、シリコンを良く使用しているのです。
しかし、このシリコンというのは、髪の毛をこれから育てたいと考えている方にとっては、良いことは一つもない成分となってしまうのです。
シリコンが引き起こしてしまう頭皮のダメージが大きいというのがその理由となります。

今ある髪の毛を大事にするという事はもっともなことですが、これから育つための毛穴にシリコンが詰まってしまっては、良い事は一つもないという事になってしまうのです。
毛穴をすっきりとさせることと、頭皮に栄養をいきわたらせて、髪の毛が生えてきやすい環境をつくるという事が最も大切なこととなってきますので、シリコンというものは、邪魔なもの、邪魔な存在でしかないという事になってしまうのです。
ですから、育毛シャンプーにはノンシリコンと表記されているものが多く、実際にシリコンを使っていないシャンプーが多いというのが特徴なのです。

シリコンを配合していないシャンプーのことをノンシリコンシャンプーと呼ばれています。
ノンシリコンシャンプーというと、髪の毛がギスギスしてしまうんではないの?と考える方も多いと思います。
しかし、ノンシリコンシャンプーでもアミノ酸を配合しているシャンプーであれば、(弱酸性のシャンプー)このアミノ酸が髪の毛をサラサラにしてくれる成分ですので、特に必要ないかと思います。

女性は髪の毛に気を使う人も多いので、特に女性用の育毛シャンプーには、この弱酸性のものが多いと思います。
必要なものだけを取り入れて、不必要なものを排除してあるシャンプー。
それが、育毛シャンプーの特徴なのです。

Copyright(C) 2013 大切な髪や頭皮を守るために All Rights Reserved.