血行を促進する

医薬部外品の育毛シャンプーとは?

今販売されている育毛シャンプーのなかに、医薬部外品と書かれているものがあります。
医薬部外品というのは、医薬品ではないのです。
しかし、医薬品ではないけれど、薬と似ている効果を発揮することが出来るもののことを医薬部外品と呼ぶのです。

薬用シャンプーと表記のあるものというのは、医薬部外品に該当します。
医薬品はお医者さんでなければ処方できないのですが、医薬部外品は市販することが可能なのです。
効果は薬よりも弱いのですが、逆に効果が緩やかなことでそれだけ副作用も起こることなく、刺激も少ないという事が言えるのです。

医薬部外品にも該当しない育毛シャンプーというのは、そのような効果が通常よりももっと遅く、自然の物質に頼っているものが多いので、育毛というよりは、育毛させるための地肌づくりを目的としているものが多いのですが、薬用育毛シャンプーの場合には、育毛をさせる地肌づくりもしながら、なおかつ育毛も促進する力を持っているという事が言えるでしょう。
それだけ、薬に近い効果が期待できるものが多く含まれているという事なのです。

ですから、どちらのシャンプーを選ぶのがいいのかと聞かれれば、育毛を少しでも早くということであれば、迷わず医薬部外品の育毛シャンプーを選んだほうがいいと言えてしまうのかもしれません。
しかし、天然成分だけで作られているシャンプーにしか目に見ることが出来ない効果などもあることは事実です。
また、逆に薬用シャンプーにしか目に見える効果が出ないという事もあるわけです。

また、天然成分のみで作られている育毛シャンプーよりも、医薬部外品の薬用育毛シャンプーのほうが、刺激物が多く入っているという事も事実なので、肌に合わないという方が天然成分のみの商品よりも多いという事も言えます。
肌の弱い方には薬用育毛シャンプーは刺激が強すぎるかもしれませんし、お肌にトラブルを抱えている方でも更にそのトラブルを悪化させてしまう可能性も含んでいるのが薬用育毛シャンプーなのです。
ですから、どっちのほうがいいというわけではなく、ご自分のお肌の調子に合わせたものを選ぶのがベストなのです。

Copyright(C) 2013 大切な髪や頭皮を守るために All Rights Reserved.